Swift

なぞった通りにUIViewを動かしてみよう

UIPangestureRecognizerというジェスチャーを扱えるようになります。

事前準備

あるViewController上に次の要件を満たすUIViewを作成し、配置してください。


  1. Viewの色は赤色にする。
  2. Viewは親ビューの真ん中の位置の座標をとる。
  3. Viewの大きさは縦横ともに150pxのものとする。

以下、ここで作成したビューを子ビューと呼びます。

問題: 1


子ビューに指定のジェスチャーをセットしてください。


・ジェスチャーはUIPangestureRecognizerとする

問題: 2


子ビューをなぞったとおりに動かせるよう実装しましょう。


ヒント1: 指定のメソッド内でUIPangestureRecognizerのtranslationInViewメソッドを使用します


ヒント2: 子ビューの位置計算には、「なぞったぶん + 元の座標」というような計算方法を取りましょう。